SHOW THE LIGHT 13-14 AMD ltd. CONCEPT VISUAL

  • mv-01
  1. HOME
  2. NEWS&PROJECT
  3. (活動報告/リブランディング)東ティモール産“Peace Coffee”リブランディングプロジェクト Vol.01「夜...

PROJECT 2014.03.12

(活動報告/リブランディング)東ティモール産“Peace Coffee”リブランディングプロジェクト Vol.01「夜明け」編

timor1
現在、エーミライトデザインでは自社のCSRプロジェクト「LABELED EARTH®」の一環として、東ティモール産コーヒーブランド“Peace Coffee”(ピースコーヒー)のリブランディングプロジェクトに取り組んでいます。

これから数回に渡って、このプロジェクトの成り立ちから途中の経緯、そして、実際に新しく生まれ変わったピースコーヒーが世に出て行くまでをレポートしていきたいと思います。
今回は、その第一回目として、どういった経緯でこのプロジェクトが発足したのかをご紹介させていただきます。

ピースコーヒーは、国内外で様々な支援活動を行うNGO団体ピースウィンズジャパン(以下、PWJ)が2003年から東ティモールで生産者の自立支援を目的として開発を進めたフェアトレード商品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
PWJと私たちエーミライトデザインは、昨年3月に宮城県南三陸町で行ったワークショップをきっかけに親交を深めてきました。そして、貧困と雇用創出の問題を抱える東ティモールの現状を打破しようと活動を続けるPWJと、クリエイティブの視点から社会問題を解決に導くというエーミライトデザインのCSRプロジェクト「LABELED EARTH®」のコンセプトが合致。今回のリブランディングに際してのコンセプトメイキングからパッケージデザイン、セールスプロモーションに至るまでの一連のコミュニケーション活動に関わらせていただくことになりました。

timor3
今回のリブランディングに際して、私たちに与えられたミッションは、ピースコーヒーを「CSR商品から、本気で売る商品へ」と変えていくこと。

そして、PWJのスタッフ、アドバイザー兼クリエイティブディレクターとして、国際的なプロジェクトに数多く参加し、ご活躍されている日本のブランド経営コンサルタント坂之上洋子(さかのうえ ようこ)さん、弊社クリエイティブディレクターの中田、アートディレクターの中原を中心にプロジェクトメンバーを結成。坂之上さんの素敵なご自宅にもお邪魔し、新しく生まれ変わるピースコーヒーどう表現していくのかを話し合いました。

yokohouse
コーヒー栽培の理想郷ともいえる東ティモールのピュアオーガニックの土壌で育まれ、最高品質のコーヒー豆だけを厳選して作られたピースコーヒーを、一人でも多くの人の手に届けるためにはどうすれば良いのか?フェアトレード商品という側面だけではなく、本当においしいコーヒーであることを広く伝えるためにはどうすれば良いのか?

そして、ひとつのコンセプトが生まれました。

次回「目覚め」編に続く

PAGETOP