SHOW THE LIGHT 13-14 AMD ltd. CONCEPT VISUAL

  • mv-01
  1. HOME
  2. NEWS&PROJECT
  3. 鳥取ツーリスト 前編(植田正治写真美術館〜宿いわいや)

FEATURE 2013.04.09

鳥取ツーリスト 前編(植田正治写真美術館〜宿いわいや)

鳥取県出身の写真家、植田正治さんの生誕100年記念パンフレットを製作させていただく。という名目で、生まれてはじめて鳥取へ行ってきました〜。
山陰、春の手前、荒れる日本海。というお決まりパターンでさぞセンチメンタルツーリズムになるかと思いきや、まさかのピーカン笑。気持ちよすぎて、ダッシュで走り出したくなるような旅でした。その一部をご紹介。

DSC01179


まずは植田正治写真美術館。最初に訪れたココが、今回のメインです笑。ここにある写真、愛されてるなーと幸せになる常設展示の構成、企画展示の飛び方。来訪者ノートなどもあって、今日のプロポーズがうまくいったら、一年後も絶対来ます(男)。一年前の今日、プロポーズされた思い出の場所です(女)とか、一年越しのメッセージにも出会えます。

DSC01176

名物、逆さ大山!(こんなにキレイに映ることはなかなかないそうです)

昼ご飯は、いろは寿司さん。
地元で撮れたもので握ってるから、いくらはないよ!と入るなり言われますが、これがもうおいしーいのです。

DSC01192 DSC01201

シャリは小ぶりで、ネタうまし。東京の人、好きそうなバランスかも。カウンターはピカピカに光っていました。あと、写真撮れてないですが、恐ろしく恐ろしい、天狗の先祖みたいな置物がレジ上にあります。

DSC01219

いろは寿司さんは水木しげるロードの近くにあります。この和菓子、激売れだそう。「妖怪食品研究所」という名入りのボールペンが100円で、おみやげに大量に買っても良さそう。

DSC01225

車移動中に昼寝をしてしまい、ドライバー(今回のCD)に恐縮した気分を抱えながら、海辺をぶらり。海辺はそんな気分も吹き飛ばしてくれます。

本日のお宿は、どどん! 「いわいや」さん。

DSC01280

民藝好きにはたまらない、芹沢銈介(せりさわけいすけ)好きは垂涎ものの、旅館です。温泉も源泉掛け流しで、随所に民藝品があり、食事の器も最高です。食事が絶品なのはもちろん、随所に活けてあるお花も素敵です。飾り方が投げ入れっぽいんですが、ちゃんと楽しく活けられた花の生物感があります。「この宿に泊まるための旅」本を作ることがあったら、絶対巻頭!というくらい、ツボにはまった宿でした。

DSC01281

枝に苔むした梅の大木、裏山から採ってきてるそうです。

DSC01226

DSC01243 DSC01248

先付け、蟹、蟹、蟹、蟹!


DSC01250


食べきれなかったご飯はおにぎりにしてくれました。おにぎりをあてに、日本酒を飲む、という贅沢な宵っぱり。

DSC01261
 

続く

 

 

PAGETOP